自分で簡単にできる!口臭をチェックする方法4選!

 

 

口臭は相手に不快感を与えてしまうこともあり、早めの改善が必要になりますよね?しかし、口臭に関しては自分では気付きにくい部分もあり、自覚するのが難しいことも特徴として挙げられます。

 

ただ、自覚するのは困難だとしても口臭を調べる方法がわかっていれば、置かれている状況を理解し、改善に向けて働きかけることもできるのではないでしょうか?

 

そこで今回は「自分で簡単にできる!口臭をチェックする方法4選!」というテーマで書いてみました!

 

コップの臭いをかぐ

 

これが自分で確認する方法としては最も手軽と言えるのではないでしょうか?これはコップに息を吐き、吐いた息の臭いを確認するといった手法ですね!

 

手順としてはまず、コップを用意します。次に用意したコップに息を吐きかけて蓋をする。一度深呼吸をした後、コップの中の臭いを嗅いでみて、少しでも臭いがするようであれば、口臭の可能性が高くなります。

 

この他、ビニール袋等でも代用することは可能ですが、その場合、臭いがしない物を使用しないとそれが自分の口臭なのかどうかの判別がつきにくくなりますので、その点は注意が必要になるでしょう!

 

舌を見る

 

 

これも効果的な方法の一つで、一般的に健康な人の色はピンク色になっています。

 

しかし、稀に白いコケのような物が付着するケースもあります。これは「舌苔(ぜったい)」と呼ばれていますね。

 

舌苔は細菌や食べカス等が付着したものであり、細菌は臭いの元になります。

 

そのため、舌に舌苔が生じているようであれば、口臭がしている可能性は高いと言っていいのではないでしょうか?

 

デンタルフロスの臭いを嗅ぐ

 

それから、デンタルフロスのような物を使うやり方もあります。デンタルフロスとは俗に言う歯間ブラシと同様の役割を持つ物で、主な用途としては歯と歯の隙間の汚れを取るために利用されていますね。

 

これで歯の掃除をした後、フロスの臭いを嗅ぐと口臭がしている場合、フロスからも臭いがしますので、その場合には口臭がしている可能性が高くなると見ていいでしょう!

 

マスクを着ける

 

また、マスクを着けるといった方法もありますね。

 

ただ、この方法は口だけでなく、鼻まで覆った状態にしておくことが前提になります。こうすれば、口から吐いた息がそのまま鼻に入る形となるため、結果的に自分の口臭を確認することができるでしょう!

 

なので、この方法でチェックを行うのであれば、口だけを覆うようなタイプのマスクではなく、鼻まで覆えるような大きめのマスクの利用が望ましいですね!

 

 

以上、「自分で簡単にできる!口臭をチェックする方法4選!」でした。最初の方でも少し触れたように自分では気付きにくいのが口臭の難点です。ただ、口臭チェックを行うことは簡単にできますので、家族や友人に不快な思いをさせないためにも定期的なチェックを行うことをお奨めしますよ!